壁塗り替えと外壁リフォームの修理はお早めに

外壁塗装で塗り替えても、年数がたつと色んな劣化の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が見られるようになるでしょう。

最初の段階のうちはツヤが無くなり、見た目が落ちてきます。そのうちに汚れが目立つようになり、彩度も落ち薄汚れたような感じがしてくるものです。

そのうちに、壁に触ると白い粉が手に付くようになります。これをチョーキング現象と呼びます。理想(近頃では、イメージが現実を変えるという説もあります。
まずは自分にとってどうなのかを考えてみるといいかもしれませんね)はこの時点で塗り替えると言うことなんです。

薄く汚れたような感じで見た目が悪くなってきた次は、ヒビ割れが出てきたり、コケが生えたり、サイディングの目地の劣化が目立ってきます。こうなるとかなり危険です。

最後には塗膜が剥がれて、こうなると完全に外壁塗装の塗り替えが必要になってくるのです。

放っておけばはがれた隙間から雨水が入り腐っていく危険があります。

こうなると、外壁どころか家そのものまで劣化させてしまい、耐久性を低くしてしまいますね。

従って、外壁の為にも、家の耐久性のためにも適当な時期を見て外壁塗装をおススメします。

適切な時期に外壁塗装をしておくことで、塗り替えのコストが掛かっても家を長持ちさせるので、結果的にはおとくだと言えますね。

知人の家では、ある住宅メーカー(セキスイハイム、ミサワホーム、パナホームなど、色々な会社があります)で家を建てて、10年目の点検で屋根と外壁の塗り替えを勧められただといえると思います。

屋根と壁で170万円もかかるとの事をいい、他の住宅メーカー(有名な大手メーカーだから安心ということもないようです)に見積もりを依頼した所、200万円といわれておりたと言われています。他では170万円だったことを言ったら40万円値引きするといったとなっています。驚きますが実際に合わせた話です。

結局そのおうちは、外壁塗装業者に直で頼むと30%~40%安くなると人から聞いて、外壁塗装業者さんに塗り替えてもらったではないでしょうかが、120万円で出来たになるでしょう。
 

壁塗り替えと外壁リフォームの修理について
外壁塗装と壁塗り替えは10年周期というように定期的に行うことが建物を長持ちさせる基本です。

関連記事

このページの先頭へ